スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文句の多い女

Posted by pigmon2 on 25.2006 コラム 4 comments 0 trackback
 仕事の研修に行った時のこと。厚生労働省のお役人を講師に迎えて講義を聞いたのだが、その講師がまた話の要領をえないったらない。どうせならもう少しまともに話せる人を選んでほしかった。隣の席の人が「全然わかんない…」とかなんとかブツブツ呟いていた。

 休憩時間にその人が「今の話わかりました?」と聞いてきたので、「ええ、まぁ…」と答えると「ええっ!あの話がわかるんですか?!」と驚かれた。実際話だけを聞けば何がなんだかわからないけど配布された資料を見れば何を言いたいのかは検討がつく。聞けばその人を今の仕事に就いて3年経つとか…3年も勤めててわからないってほうがどうかしてるんじゃないの?と思ったけど聞き手に徹していた。

 女の人の中にはやたらと文句ばかり言う人がいる。そして文句ばかり言う人ほど案外仕事は出来ない。ところが不思議なことにその手の人に限って自分は仕事が出来ると思いこんでいる。

 私も若かりし頃そういう傾向にあったような気もする。ただ、先日会った人は私より年上だったように見えたので、ちょっと面食らってしまった。
スポンサーサイト

【エリザベス】

Posted by pigmon2 on 19.2006 映画 0 comments 0 trackback
 イギリス版大河ドラマ。女王のプライベートな部分、ロバート卿との恋愛を主軸に描かれているけれど、彼女が歴史の波にもまれ奮闘するさまや当時のイングランドとスコットランド、周囲のヨーロッパ諸国との関係がさりげなくわかるようになっている。

《Frampton Comes Alive》

Posted by pigmon2 on 19.2006 音楽 0 comments 0 trackback
 懐かし~い。と思ってまたまた借りてしまったアルバム。実を言うとピーター・フランプトンは音楽よりもルックスのほうが深く印象に残っている。輝くようなブロンドと碧い眼の王子様キャラ。スティービー・ワンダーの 涙をとどけて をカバーして歌っている姿しか記憶に残っていませんでした。

ポール・モーリヤ

Posted by pigmon2 on 07.2006 音楽 6 comments 0 trackback
 本国ではほとんど無名なのにある特定の外国で非常に歓迎されるアーティストがいる。この人もそんな典型的日本人好みミュージシャンのひとりだ。 この度の訃報で顔見知りのおじさんが亡くなったような気分になった。かつて『恋はみず色』や『エーゲ海の真珠』を聴いたことがとても懐かしい。


 HOME 

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。