スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天障院篤姫 下巻』

Posted by pigmon2 on 10.2009 読書 0 comments 0 trackback
 事実に基づいて書かれているゆえ、ストーリー自体は基本的には大河ドラマと同じである。にもかかわらず上巻でも大河ドラマとは微妙にニュアンスが異なったが、下巻では更にニュアンスのズレが広がっている。

 
 宮崎あおい演じる篤姫は歯に絹着せぬ単刀直入なことばで、自分の意思をきっぱりと周囲に伝えて清清しささえ感じた。嫁である和宮に対しても徳川家の嫁になったからにはこちらの家柄に従うよう堂々と渡り合っていたが、宮尾版の篤姫は遠慮に遠慮を重ね気を使って耐えに耐え、あるきっかけでおへそを曲げてしまう。

 篤姫側の言い分では和宮を迎え入れて以来、度重なる意見の食い違いにも自分のほうから折れて好きなようにさせていたにも係わらず朝廷から和宮への待遇の悪さなどを批判されぷつっと切れてしまう。おそらくこういった部分のみ後々世に伝わって篤姫には意地悪な姑のイメージが付きまとってしまったのだろう。

 篤姫の側にも和宮の側にも常に大勢の取り巻きがついていて、同じ屋根の下で生活してたとはいえ直接ことばを交わすこともそれほどなかったようだ。それ故お互い女中の口から伝え聞いたことばに惑わされ疑心暗鬼になって、すっきりしない空気が漂っていたのだと思う。

 ドラマでは篤姫は政局へも積極的に口を挟んでいたが、宮尾版では表方とのやりとりはあまりかかれていなく大奥の中のいざこざに始終している感がある。またドラマでは重要な地位を占めていた小松刀帯は影も形もなく、ドラマでは西郷、大久保などの幕末の獅子とも通じていたが宮尾版ではそういった記述は全く無い。

 それどころか無血開城後に西郷隆盛が篤姫に目通りするシーンがあるが、篤姫のほうではかつて庭番だった男と対等に相対することに屈辱すら感じている。篤姫は開国論者でもあったしリベラルな感性は持ち合わせていたと思われるが、そもそも地方の分家の出とはいえお姫様。生まれながらの上下関係の感覚は根強く焼きついていたのだろう。それ故和宮に対しても皇族の出故の気遣いをかかすことが出来なかったのだろう。

 いずれにしても、この人は生まれながらにリーダーの資質を持っていたのだと思う。家茂亡き後、大奥には本寿院、実成院という元将軍の生母と天障院、静寛院(和宮)という元将軍の正室が揃っている中、大奥の女中達も表方の役人もこぞって天障院を頼って自然と頭角を現している。社会が安定している時はリーダーが多少役に立たなくてもなんとかなるが、混乱している時こそ信のリーダーシップが発揮される。篤姫はその典型的な例だろう。

 開城後の篤姫は最初は京に逃げ帰った和宮に憤懣やるかたない思いを抱いていたが、慶喜という共通の敵を持つことで晩年は仲良く過ごす。勿論時間の流れや環境の変化も大きく関与しているが。

 以前何か別の本を読んだ時の慶喜の印象はそんなに悪くなかったが、この本を読んでいると本当にむかつく嫌な奴に感じられる。そこで少々資料を漁ってみたが、戊辰戦争で尻尾を巻いて逃げたことなども紛れもない事実のようで、確かに身勝手で空気を読めないリーダーにはふさわしくない人だったようだ。将軍にはなりたくないと言っていたのを篤姫は策略と捕らえていたが、案外本当になりたくなかったのかもしれないという気がする。

 明治維新後、宗家を継いだ家達は公爵の地位を得、一橋家は男爵止まりだったことを篤姫と重野は少々小気味よく語るところで話は終わるが、篤姫亡き後、慶喜は明治天皇から表彰され徳川宗家とは別の徳川家を作り公爵の地位を得ている。篤姫が生きていたらさぞ怒り心頭だったろうなと思う。ただ別の見方をすると慶喜はリーダーの器こそなかったものの、風流人で自由人であったようで影の薄い家定や家茂などと比べると結構面白い人だったんじゃないかと興味を覚えた。

 いずれにしても今は昔。どこまでが本当でどこまでが作り事かを憶測しながら読むのが歴史小説の一番の醍醐味なんだと思う。



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/125-1ecf329b

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。