スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《a suivre・・・》

Posted by pigmon2 on 23.2006 音楽 0 comments 0 trackback
 「先生、なんで日本人はクレモンティーヌが好きなんですか?」

 フランス語かじっている人なら誰でも知っているかのパトリス・ルロワ氏がNHKテレビフランス語講座で講師の大木充氏に尋ねていました。大木先生は彼女の歌に癒しを求めているんだろうと答えてました。
 パトリスはクレモンティーヌが嫌いなのかその質問をしている時も、さも日本人の感性が理解できないという面持ちでした。そして、いざインタビューに入ると、これがまた何とも嫌そうに対話しているんです。
「あんたとなんか話したくないけど、仕事だから仕方ない」といったムードがありあり。

 私は別にパトリスを非難しているわけではないのです。ただ、日本人の感覚では考えられないなとつくづく感じた次第です。

 さて、そんなにパトリスが嫌いなクレモンティーヌってどんな歌歌ってんだろうという好奇心から借りてきたのがこのアルバム。早速カー・ステレオにかけてみると・・・・

 いいじゃない!!

 とってもポピュラーな「男と女」とか「星に願いを」なんかが軽やかにアレンジされていて聞きやすい。スティービー・ワンダーの
My CherieAmourもありました。個人的に凄く気に入ったのはカフェ・オレのCMに使われていたJeremieとリゾート気分が味わえるMarizinha。

 これを機にすっかり彼女のファンになってしまったんですが、彼女の歌は日本人が憧れるフランスのイメージとぴったり合うんでしょうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。