スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SP 野望編】

Posted by pigmon2 on 23.2010 映画 0 comments 0 trackback
 テレビシリーズの時から毎週楽しみに見ていました。ようやく映画館へ足を運べたのですが、行ってみたらお客さんは私のほかにおじいさん1人と茶髪のおねえさん1人、私を入れてたったの3人しかいませんでした。平日の3時からと確かに時間は中途半端ですが・・・これって大丈夫なんでしょうか?それとも封切したての頃はもう少し観客がいたのでしょうか。
 兎に角アクションが派手です。SPの放送が始まる前は岡田くんとアクションってあまりピンと来なかったのですが、すっかりアクション俳優になってしまいましたね。車を何台ダメにしたのか、数え切れなかったのでDVDになったらじっくり数えてみよかと思います。かなりの数になるでしょうから。ハリウッドも顔負けです。

 内容はさておき、

岡田くんカッコい~~~い!!

もうその一言に尽きます。それだけでも見る価値大有り!

やたらにアクションに時間が取られてストーリーはそれほど展開してません。その辺りはやや消化不良気味。

 予告にあったように尾形係長(堤真一)はなんらかのイデオロギー組織に属していて、密かに組織の人間と会合している。そして反政府テロを影で操っている。テレビシリーズの最後に西島理事官が自殺するところで終わるのだが、その理事官も尾形の組織に属しているようだ。

 そんな怪しい動きを公安が探りを要れていて、潜入捜査に井上(岡田准一)の同期の田中という地味なキャリア官僚が実行している。この田中が実にどこにでもいるような目立たない風貌で潜入捜査にはうってつけ。代議士の香川照之が井上のことを目立ちすぎて気に入らないと言っていたが、確かにあんなカッコいいSPいたら要人よりも目立っちゃうでしょうに。演技派香川さん、弥太郎とは違う厭味な役で味出してました。

 序でに香川さんの秘書役が元K2の堀部さんでした。それから真木よう子はお龍さんではなくて、やっぱり笹森さんのほうが合ってます。最初の追跡したテロリストとの決戦現場になる長距離トラックのドライバーがダイヤモンドゆかいだったのも笑えました。

 官房長官役の小日向文世さんもとっても頼りない官房長官でよかったです。ただ、あんなに凄い襲撃をするテロリストなんて日本ではありえないでしょうね。いくら夜中の永田町とはいえ誰かしら起きているだろうからあれだけの騒ぎが起きたらそれこそ警察が駆けつけるでしょうに。

 何はともあれ、ストーリーのあいまいさを岡田クンのかっこよさと役者さん達の味わいとアクションでごまかしてる映画でしたが、やっぱり続きが見たくなってしまいます。
 
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/174-b03f98a6

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。