スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SP 革命篇】

Posted by pigmon2 on 15.2011 映画 0 comments 0 trackback
 革命篇見てきました。岡田君は相変わらずかっこよかったけど・・・
 私はテレビシリーズからずっと見てるが、いきなり「革命篇」から見た人は何がなんだかわからないんじゃないだろうか。少なくとも「野望篇」を見てないとだめでしょうね。むしろ「革命前夜」をテレビで放送しないで、こちらに組み込んじゃったほうが作品としてまとまったんじゃないかと思えた。

 尾形さんと伊達代議士の関係も
「へえ、そうだったの?」
と単純に驚けたし、麻田総理との関係も繋がった。
どうやら麻田総理は自分の収賄をごまかすためにニセのテロをでっちあげ、その被害にあったのが井上の両親だったようだ。あのほくそ笑みの意味はそういうことだったんだ。自分の講演中に人が殺されたというのに。

「野望篇」では革命を起こそうとしている若手閣僚たちを、伊達代議士が利用しているように見えた。本人はそのつもりなのだろうが、「革命篇」を見るとどうやら逆のようだ。閣僚達が伊達代議士を利用していて、しかもどうやらもっと上に黒幕がいそうな雰囲気。

 「革命前夜」で公安の田中が尾形さんが戸籍を偽造していることを突き止める。ただ、そんなことが出来たのは何か大きな権力の後ろ盾があったに違いないと考察している。しかも戸籍を偽造しているのは尾形さんだけではない。

 独房から取調室に向かう尾形さんに、看守が
「もう少しで出られるから」
とぼそっとつぶやく。事件後頭痛から解放されていた井上にまたあの症状が現れる。
まだまだ先がありそうな終わり方。

で、実際この後どう繋がるのか?続きがあればやっぱり見てしまうと思う。
ただ、冒頭に述べたように映画はそれだけを見て満足ができるような、ひとつの完成された作品であるべきだと思う。そういう観点では、これは決していい映画とはいえない。アクションも野望篇を見た後では見劣りがしてしまう。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/183-de752a66

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。