スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノセントゲリラの祝祭

Posted by pigmon2 on 29.2011 ミステリー 0 comments 0 trackback
作者自身も言及しているようにただただ会議様子が綴られ大きなストーリー展開がない。それでもまあ楽しく読めたのは白鳥さんんをはじめとするキャラクターの面白さに他ならない。
本書で初登場するスカラムーシュ彦根は海堂さんの分身なんじゃないのか?なんかそんな気がした。アリアドネの弾丸にも続けて登場するみたいだけどテレビ版ではいなかったようだ。

 『東京都23区内外殺人事件』を収録するとあったので独立した短編が掲載されてるのかと思ったが、そうではなく本書のストーリーに組み込まれていたようだ。後になって、ははん、あのシーンがその部分かと納得した。宿泊先の近くで田口先生が死体を発見するシーンがあったが、あれはなくてもストーリー全体にはさほど影響がない。
 
 面白く読めたのだけど、シリーズの他の作品と比べてしまうと、やはりちょっと見劣りしてしまう。







スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/186-4102fa01

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。