スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Always 三丁目の夕日】

Posted by pigmon2 on 02.2006 映画 0 comments 1 trackback
 なんとも清々しい映画でした。薬師丸ひろ子が昭和のお母さんを好演していたり小雪も幸薄い女性を自然に演じていてキャスト陣が味がありました。なにより須賀健太クンの上手かったこと!!
 場面もまるでナンジャタウン。忘れかけていた昭和の景色が意外に心地よかったです。
 「今はこんな小さな町工場だけど、そのうちビルヂングも夢じゃない」と鈴木モータースの社長も豪語していたけど、あの時代(私はまだ生まれていないけど)の映画には必ずといっていいほど希望が見える。

 今はこんなだけど、いつかきっと

 仕事に関して言えば大きいけれど停滞している会社より、小さいけれど伸びている会社で働けるほうがラッキーなんじゃないかと思う。こんなご時勢だからなかなか成長している企業に巡り合うことは難しいのかもしれないが。

 自分の心身の細胞が成長よりも老化へと向かっている年代になってしまうと、以前より希望がもてなくなる。希望を持って生きている人や環境が身近にあるってことは、もしかしたら一番幸せなことなのかも知れない。

 最後に夕日に照らされた東京タワーは日本中の希望を象徴しているように思える。古き良き日本を感じた映画でした。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/21-41b66297
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。