スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目漱石

Posted by pigmon2 on 14.2007 読書 0 comments 0 trackback
 久しぶりに友人と会って昼食をとりました。行った先は古河文学館の二階にあるイタリアンレストラン。11時に待ち合わせたら、なんと開店が11時半だったので、その界隈を少し散策して文学館の中も見学しました。
 文学館の中は大きな暖炉やら蓄音機やらが展示されていてレトロな雰囲気が漂っています。全集が並べられているコーナーで友人が夏目漱石の本を手に取り「昔読んだな・・・」としみじみ懐かしそうに眺めていました。彼女は大学で国文学専攻なのでそういったお堅い本も結構よんでいるんでしょうね。私にとって漱石って読んでもすぐ途中で挫折してしまう作家で、完読したのは『坊ちゃん』のみ。

 その後館内をぐるぐる廻ったのですが、永い路子が古河に縁のある作家らしく、彼女の作品が全体の半分はあるんじゃなかろうかという位展示されてました。まるで永井路子文学館といった感じ。私もそんなには読んでいないけど、代表的な『北条政子』とか『歴史をさわがせた女たち』くらいは読んでいたけど、彼女は永井路子自体知らなかったようです。私も歴史小説はあまり読まないけど、国文科とか出た人って読んでいるんじゃないかと思ったので意外でした。

 読書傾向って不思議ですよね。私は本読むのは凄く好きだけど、どちらかというと翻訳ばかり読んでいて日本文学はあまり読んでない。童話のブログ書いているくらいだから、当然童話は人一倍読んでいるはずだけどインターネット探ると知らない絵本や児童書があとからあとから現れる。読書にもなにかしらみたいなものがあるのかしら?今度彼女に会ったら漱石の本のこを聞いてみよう。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/26-1ee2276f

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。