スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《歌人ーソングコレクション》

Posted by pigmon2 on 19.2007 音楽 0 comments 0 trackback
 何故か急に村下孝蔵を聴きたくなった。このアルバムはお亡くなりになった後、触発されて買ったもの。今聴いても勿論懐かしいが、当時ですら懐かしさを感じさせるシンガーソングライターだった。
 村下孝蔵の歌は古の日本を思い起こさせる。貼り絵のような絣の着物を着た少年少女が現れてくるようだ。

 当時学生だった私がはじめてゆうこを聴いた時は震えがきた。無意識の奥深くに閉まってあった刹那さを引き出されたような感動を覚えた。

 窓越しに見ていた黒髪に巻かれて
 目覚める夢を見たよ
 きみに届けこの歌


 恐いくらいの情念。それでいて繊細だ。村下孝蔵の歌はメロディーも歌詞も繊細で、そしてせつない。

 一番有名なのは初恋だと思うが、私が個人的に一番好きなのは踊り子

 爪先で立ったまま きみを愛してきた
 南向きの窓から 見ていた空が
 踊りだす くるくると 軽い目眩のあと
 写真をばらまいたように 心が乱れる

  
 恋をしている時の不安や心の乱れをこんなふうに表現するんだと感心した。そして全くもって個人的な見解だけど、私はこの歌を聴くと何故かシュトルム大学時代を思い出してしまう。ダンス教室で知り合った女の子への淡い初恋の短編。よかったらこちらも併せて鑑賞してみてください。



みずうみ
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/45-5ce459c3

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。