スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《A DAY in new york》

Posted by pigmon2 on 10.2007 音楽 0 comments 0 trackback
 アロマスクールの授業が午前だけで終わったある日、昼食を摂るためひとりぶらっと紅茶喫茶に入った。 定番のミルクティーとタマゴと野菜のサンドウィッチを食べながら聞くともなしにBGMに耳を傾けていた。
 
 ふと気がつく聞覚えのあるメロディー
ヂザフィナードだった。ただ、うたっているのはジョビンでもジョアン・ジルベルトでもナラ・レオンでもなく、私の聞いたことのない声だった。

 しばらく聞いているとボサノヴァを好きな人なら誰でも知っているようなレパートリーが次々流れてくる。ただ歌っているのは誰だかわからない。しかもアレンジがなんともいい。今までにないような音調でいながら斬新過ぎるというわけでもなく、ボサノヴァ本来の味わいを損なわない。

 帰りがけ会計の時、お店の人に今かかっている音楽は誰のものか聞いてしまった。カウンタ意にいた女性はこのアルバムのジャケットを見せてくれてタイトルと坂本龍一がプロデュースしていることを教えてくれた。

 数日後、家から近いTSU○○YAに行って早速このCDを借りようとして坂本龍一のコーナーを探してみたら・・・ない。店員さんに

 「すみません。坂本龍一が外国のミュージシャンとコラボしているA DAY in new yorkってCDありますか?」と尋ねたら、

 「ないです」と、あっさり。

仕方なく(?)Amazonで注文しました。買って損はない一枚です。





スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/50-f8edd937

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。