スポンサーサイト

Posted by pigmon2 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロシアン・ドールズ】

Posted by pigmon2 on 03.2008 映画 0 comments 0 trackback
 【スパニッシュ・アパートメント】の続編。帰国後5年たったグザビエたちを描いているが、落ち着くどころか前作以上のハチャメチャ青春コメディー。今回は舞台がパリ、ロンドン、サンクスペテルブルグとめまぐるしく移り変わり、またもや大きな事件はないものの忙しく日常生活が繰り広げられる。
 ロマン・デュリスは【ルパン】もよかったけど、こういうダメ男のほうが似合っている。たいしてカッコいいわけじゃないんだけど、何故か女の子に好かれてまるで蝶のようにあっちふらふら、こっちふらふら。 あらあら、お盛んねえ!

 グザビエだけじゃなくてお友達もくっついたり離れたり忙しそう。グザビエのママまでが新しい恋人との新居に息子を案内する。露出度の高い服を着て猫のように彼にしなだれかかる母親の姿って子供にとってはあんまり見たくないんじゃないかと懸念してしまうが、やっぱりお国柄、日本とはそのへんは大きく異なるようです。中でも昔の彼女が深夜けんかして全裸で街中を走り去り、それをまた全裸で追いかけるグザビエの回想シーンは強烈でした。

 前作ではグザビエの国際化をあまり理解していないんじゃないかと思われた元恋人のマルチーヌは今では逆にグザビエ以上に国際化されていて政治集会にリオ・デジャネイロまで飛んでいく有様。男の子を生んでいるがグザビエの子ではない。二人はしょっちゅう行き来しているが、かつてのような関係はすっかりなくなってほんとうに友人とか兄妹のように過ごしている。これもまた不思議な現象。

 さて、小説家をめざすグザビエだが実際はゴーストライターとして他人の本を執筆したりテレビの脚本を書いて生計を経てている。理想とする仕事にはなかなか就けず現実とのギャップに悩む日々。家賃が払えずアパートを追い出されかつてのルームメイト、イザベルのところに居候させてもらう始末。

 そんな折、やはりかつてのルームメイト、ウェンディーの弟ウィリアムに再会する。5年前は未熟でちゃらんぽらんだったウィリアムだがロシア人バレリーナに恋をして必死にロシア語を学び彼女と結婚するに至った彼は大人の男の風格さえ醸し出していた。折も折イギリス人の脚本家と共同作業を余儀なくされていたグザビエはウィリアムからウェンディーが今イギリスで脚本家として活躍していることを知らされ仕事のパートナーとしてウェンディーを推す。

 ロンドンに渡ったグザビエはウェンディーと恋愛ドラマの脚本作りに没頭する。一人ではなかなかはかどらなかった仕事が順調に進む。一方美人モデルのゴーストライターを頼まれパリとロンドンを行き来する日々。美人モデルと関係しつつもウェンディーとも一線を越えてしまう。どうもこの人は一つの恋愛遊戯が成功すると調子に乗って欲張ってしまう性癖があるようだ。

 ウェンディーといい感じになった矢先、ウィリアムの結婚式に出席するため二人はサンクトペテルブルグへ。そこへモスクワに来ていた美人モデルからの誘いにふらふらと出かけてしまうグザビエ。他の女のところへ行くことを承知で見送るウェンディー。「あなたは完璧じゃないところが魅力なんだ。私はあなたの不完全なところやいつも悩んでいるところが好き」というセリフは泣かせる。彼女自身も別れた彼に付きまとわれながらなかなか手を切れないでいるような弱いところはあるものの、女からみても可愛い女だと思える。

 前作は異文化の中に身を置くことによる自分探しの旅であったが、今回は自分はもとよりベスト・パートナー探しの旅。息子の結婚式に出席したウェンディーのパパとママも実は険悪な状態にあるように人生のパートナーを探し出し、かつそれを維持することはなかなか一筋縄ではいかないことを示唆している。反対にウィリアムと婚約者のナターシャ、ナターシャのパパとママは自然に愛情表現できる素敵なカップルとして写っている。

 5年の間に当然仲間達は変化した。もっとも素敵に成長したのはウィリアムだけど、世界観が狭かったようなマルティーヌはグローバルな視点を持ったパワフルなシングルマザーになったし、イザベラはより男勝りのハンサム・ウーマンになったし、少々頭がイカれていたようなウェンディーは可愛らしいいい女になった。自分だけが代わっていないと焦るグザビエの気持ちも理解できる。ただ、自分が気づいていないだけで彼も多少変化しているはず。誰もが少しずつ変わっていく中で代わらない関係を維持していくことはやはり大変なことなんだろう。それは夫婦や恋人だけでなく、友達や家族においても同じことで永遠の人類のテーマなのかもしれない。

 個人的には【スパニッシュ・アパートメント】時代の男とか女とかに囚われない友情が好きだったのでルームメイトの一人と恋仲になってほしくなかった。グザビエとイザベラのような性別を超えた友情にとても憬れる。

 この映画はやはり【スパニッシュ・アパートメント】を観た後のほうが面白いでしょうね。先にそちらを観ることをお勧めします。

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://cafedepigmon.blog75.fc2.com/tb.php/56-ea4ff46a

プロフィール

pigmon2

Author:pigmon2
ようこそお越しくださいました。
当カフェ・オーナーのぴぐもんです。申し訳ございませんがお飲み物はご自分でご用意ください。あなたの好きなドリンク片手に気楽に暇つぶししていってください。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。